車のクラクションって普通に使ったら違法って事はご存知ですよね?

えっと、私自身にも言い聞かせたいことだが、車のクラクションって、

 

「標識などで鳴らす義務がある時」

 

「危険防止のためやむをえない」

 

この2つ以外は使ってはいけない事になってるようだ。

 

「ちょっと前の車遅いなぁ~」って感じでイラつく感じでクラクションを鳴らすとき、「あ、先にどうぞ^^」みたいな感じで優しさタップリでクラクションならすときでさえもダメって事。

 

いや、沖縄は車社会だから平気で使っているシーンが多いんですよ。

 

上記のことに加えて、譲り合いで譲ってもらったら時に「ありがとう^^」って意味でクラクション鳴らす場合もあるし。

 

まぁでも、よく考えると色んなシーンで使われると危険。

 

なんか車走らせてて、「プ!」とか聞こえたら、例え関係なくても「ドキッ!」とするし、「なんか悪いことしたかなぁ」とか、ちょっと自己嫌悪を感じてしまう場合もある。

 

ちなみに法律上では、道路交通法(警報器の使用等) 第54条 車両等

というところに記載があって、そこに「鳴らすべき時」と「危険防止以外では使用しない」といった事が書かれている。

 

あと、日本の法律自体は「弱いものを守る」というのが第一に考えられているようなので、「どれだけマナーが悪い歩行者がいても、その歩行者に対してクラクションを鳴らすこと自体も違法」って感じ。

 

ぶつかるよ!

 

 

って時はどうするんだろうwww

 

 

車の鍵って色んなやつがある!今回は高級車限定でピックアップ

最近、車の鍵を調べていたら、何となく面白かったので色々集めてみた。

これだけ車の鍵があって、種類もいっぱいあるらしい。
とりあえず気になったのが高級車の車。

高級車の車ってどんな鍵なんだろう?

そんなちょっとした興味から、インターネットで高級車の鍵を色々調べてみた。
まず超定番とも言われる、トヨタのクラウン。

トヨタのクラウンクラウンの鍵

 

車体、カギともに高級感たっぷりだ。

なぜか生理的に乗ろうとは思えないが、車内の高級感、安定性はバツグンだろうなぁ。燃費は凄そうだだけど、そこら辺を気にしてたらクラウン乗り続けられないっしょw

次に個人的に将来乗りたいと思っているハマー。

ハマーハマーの鍵

レンタカーで乗った経験もあるから分かるけど、鍵は以外とシンプル。

だけど、やっぱ目の前で見たときの迫力は違う。まず何と言ってもデカイ。

全然乗れるような状況じゃないけど、これだけは乗りたいんだよなぁ。
ちなみに、車社会でもある沖縄では、全然適していない。
ハマーはでかいから、駐車場に入らない場合も多いのだw

それでも乗りたい。

元は戦車で、いまでも使われている。
ガラスは防弾ガラス仕様で、例え銃でフロントガラスを撃たれても貫通しない。はず。
そんな超頑丈で圧倒的な存在感に惹かれているから、将来乗りたい。

どんな状態になったら乗れるんだろうと、たまに考えるが、ガソリンや燃費、維持費を考えると、軽く年収3千万は超えていないと乗れない気がするww

そこで無理と考えたらそれまで。何としてでもこの車は乗りたい。ちなみに、車で公道を走っていると二日に一回はハマーを見かける。多分、それくらい圧倒的な存在感があるのと、私自身がハマーの事を考えているという事もあるんだろう。。

次は定番的なベンツ。こんな鍵だ。

 

ベンツベンツの鍵

 

まぁ、ベンツ。鍵もしっかり高級感がある。

スタイリッシュで手に持つ感覚だけでも高級感が味わえるはず。

ちなみに右下のボタンの意味はまったく分からない。

 

そんなこんなで、とりあえず高級車の鍵をピックアップしてみた。

誰か、ハマーを安くで売って下さいw

ちなみに、知り合いに外車のディーラーを経験した人がいるけど、輸入先で購入するとハマーは50万円くらいらしい。

 

中古でも600万以上するハマーが50万円!!

 

まぁ、流通の過程でそれだけの値段がつくわけだ。。

車の鍵を頼んだ出張鍵屋さんにイラッとしながら助かった話し

てゆうか、車の鍵なくしたら最悪っしょ!

以前そんな事を、鍵をなくした友達に言った。
友達は居酒屋の帰りに車の鍵を紛失した。
その日は車を置いてタクシーで帰り、次の日に出張鍵屋さんに対応してもらったようだ。
お金も居酒屋以上にかかったようで、自分で鍵をなくしたのに、怒りまくりだった。

それから月日がたち、私にも同じようなことが起こった。
マジか!?車の鍵がないんだけど?
一人にも関わらず、「マジか!?」と叫んだ。
多分、近くの民家に届いただろう。。
いや、最悪っしょ。。
これから仕事にいかなければいけない、職場まで車で5分。
歩けば15分。

沖縄県民は歩くことにあまり慣れていない。
というか、「歩く習慣がもう根付いていない」といった方が正しいかもしれない。
本土はほとんど電車で移動して、その間歩くが、沖縄は自宅から職場、遊びにいくにしても車だ。
歩いて5分かかるコンビニがあれば、車を使う。それくらい、歩くことに抵抗がある(笑)
だから私が瞬間的に思ったのはこうだ。
「メンドクサッ!」
まぁ、仕方ない。とりあえず鍵はあとで出張鍵屋さんに頼めばいいか。。
つーかいくらかかるんだ?バカでかい金額言われても、おれあんま金ねぇし。

そう思いながら職場に向かった。

仕事が終わったのは24時くらい。完全深夜だ。

そこでスマホを使って検索する。

沖縄で出張してくれる鍵屋は・・?
見つかって電話した。
「はい」
電話した瞬間2コールくらいで取ってくれたのはいいけど、「はい」だけだ。

キラーパスをもらった感じで、とりあえず「あ、鍵屋さんですか?」と尋ねる。
この時点で、元コールセンターで働いて私にとってはカチンとくる。

「そうです。どうされました?」

「車の鍵を紛失したんですけど、鍵を作ることは可能ですか?」

「車種や年式などにもよります。車は何ですか?」

「ダイハツのミニです。年式は多分平成20年です。」

「う~ん、大丈夫だと思います。場所はどちらですか?」

「沖縄市の○○のところです」

そんなやり取りをして、待った。

つーか、対応適当だなぁ。まぁ、個人でやっているところが多いからしゃあないか。

そんな事を思いながら、出張鍵屋さんが来るのを待った。
待つこと15分かけつけてくれた鍵屋さん。

その第一声が「コレです?」

「あ、はいそうです」

続いて、作業に取り掛かろうとしながら、こう放った。

「軽だったら、今エルボックスとかが人気ですよ」

「あ?!何に乗ろうと勝手だろうが!」

と返したかったが、「あ、そうなんですか^^」
と言ってしまった。この出張鍵屋さんには悪気がなさそうだからだ。

それから約5分。

「ハイ、出来ましたよ。」

新しい鍵をすぐに作成してくれた。

「お~早いですね!ありがとうございます」

確かその時の金額は8千円。
まぁ助かったしいいか。というくらいの金額。
それで毎日というほど使う車が乗れれば安いものなのかもしれない。
支払い終わったら、すぐにその鍵屋さんは去っていった。
何なんだろう、あの微妙に鼻につく鍵屋さんは。。
まぁ、人間色んな人がいるから、あぁいう人もいるんだろうなぁ。

そんな事を思った日でもあった。。